そばかすの効果的な対策とは?そばかすの種類と対策

そばかすとは、主に目のまわりや頬などにできる茶色いシミのことです。日に当たる部分に多く発症し、手や背中、肩などにもできることがあります。医学的には、雀の卵のカラの模様に似ていることから「雀卵斑」と呼ばれます。そばかすという名称も、そば殻のかすににていることから名付けられたといいます。このそばかすには、先天的なものと後天的なものがあります。

続きを読む

肌荒れの時に摂取したいパントテン酸カルシウムと効果

栄養ドリンクや医薬品などで見かけるパントテン酸カルシウムですが、疲労回復だけでなく、美肌や育毛などにも効果が期待できる注目の栄養素です。

パントテン酸カルシウムは、その名のとおりパントテン酸とカルシウムの化合物です。パントテン酸はビタミンB5の一種で、水溶性ビタミンです。これにカルシウムを結合することでさらに水に溶けやすくしています。カルシウムとしての栄養素は期待できず、主にパントテン酸の効果が期待される栄養素です。

続きを読む

老人性色素斑の原因は紫外線!

老人性色素斑とは、これまでに浴びた紫外線のダメージによって現れるシミです。一般的に言うシミはこの老人性色素斑であることが多く、年齢が上がるごとに色が濃く大きくなることがあります。

通常は40歳前後で目立つようになりますが、日常的に紫外線を浴びる生活をしていた人は、20代後半から見られるようになります。高齢になるほど出現率の高い老人性色素斑は、60歳以上では必ず見られると言われるシミです。紫外線の影響を受けやすい、顔や手の甲、腕、デコルテなどに発生しやすく、大きさは5mm~20mmほどの円形のシミが出現します。

続きを読む

プラセンタは栄養の宝庫!美白対策で摂取したいプラセンタとは

プラセンタとは、胎盤から抽出したエキスのことです。胎児を育成するために必要な活性化物質や高純度の栄養素が含まれており、様々な効果が期待できる注目の成分です。

多くの動物は出産後、胎盤を食べます。それは、血の匂いを消して外敵から身を守るためとも言われますが、胎盤に含まれる豊富な栄養を無駄にせず、大切な栄養分として身体に取り入れるためとも言われています。プラセンタに含まれる栄養素は豊富で、タンパク質、糖質、脂質などの三大栄養素の他、アミノ酸やビタミン、ミネラル、核酸、酵素など多くの栄養素を含んでいます。

続きを読む

加齢が原因で引き起こされる脂漏性角化症とは

脂漏性角化症とは、いわゆる老人イボのことです。皮膚の表面にぶつぶつと隆起したできものができ、かゆみをともなうこともあります。色は肌色から黒色まで様々です。基本的に日光がよく当たる部分に出現し、年齢とともに増え60歳を超えるとほとんどの人に見られるようになります。

老人性イボというと、顔にできた黒いほくろのようなものをイメージする人も多いと思いますが、顔や首、胸、わきなど肌の柔らかいところに肌色や薄茶色で出現することもあります。早ければ20歳後半から見られることもあり、年齢とともに大きくなり、色も濃くなっていくことがあります。

続きを読む

ロスミンローヤルは国内で唯一”小ジワ”にも効くシミ・そばかす改善医薬品

紫外線といえば、女性が気になるのはシミです。若いうちは気にならなかった人でも、30代40代となるにつれて気になりはじめる人もいるでしょう。

通常、紫外線を浴びて黒くなった肌は時間が経てば元の色に戻ることがほとんどです。黒くなる原因であるメラニンを含んだ角質は、正常な肌であれば一定の周期で垢となって肌から排出されます。しかし、紫外線の浴び過ぎやホルモンバランスの乱れ、ストレスなどで正常な肌のサイクルが行われず、皮膚内にメラニンが残ってしまうことがあります。

続きを読む

話題の飲む日焼け止めの成分と美白効果

飲む日焼け止めは、その名前の通り飲むことで日焼けによる赤みや皮膚のダメージを軽減するサプリメントです。そうは言っても、紫外線は肌に当たっているのに、日焼けしないというのはどういうことなのでしょうか。

日焼けによって肌が黒くなるのは、紫外線を浴びることでメラノサイトという細胞が活発になり、その中でメラニンが生成され肌細胞へと受け渡されることによって肌が黒くなります。紫外線自体に反応してメラノサイトが活性化されることもありますが、その他、活性酸素や炎症によってもメラノサイトは活性化されます。

続きを読む

ニキビ跡が目立つのは”炎症性色素沈着”が原因?

傷やニキビが出来ると気になるのが、治った後もシミが残ってしまうのではないかということではないでしょうか。傷やニキビができてしまったこともショックなのに、治った後も黒くシミができてしまって悲しい思いをした人もたくさんいるかもしれません。そもそも、どうしてニキビや傷が出来ると肌は黒くなるのでしょうか。

続きを読む

シミの原因はメラニン色素?美白で重要なメラニン色素を徹底解説

通常、紫外線を浴びると日焼けをして肌が黒くなります。この黒い色は何なのかというと、メラニン色素の色になります。このメラニン色素はどうやって作られるのでしょうか。メラニン色素は肌の表皮の奥、基底層にあるメラノサイトという細胞で作られます。このメラノサイトはメラニン色素の工場のようなものです。

続きを読む

シミの原因になるメラニンと効果的な美白対策

シミは多くの女性が気にする美容の天敵です。紫外線を浴びすぎるとシミができる、メラニン色素があるからシミができる、など断片的な情報は知っていても、実際に何が原因でシミができるのか、メラニン色素が肌へどういう影響を与えているのかよく知らない人もいるかもしれません。

シミと一口に言っても、紫外線の影響でできるシミもあれば、傷などによって色素が沈着するシミ、女性ホルモンが影響してできるシミもあります。どのシミにも共通することは、メラノサイトという細胞が活性化され、黒色メラニンというメラニン色素が生成されたことからシミへと発展するということです。

では、このメラニン色素は身体にとって有害なものなのでしょうか。実は、メラニン色素は、身体に有害なものから守るために存在しています。

続きを読む

Top